徳島 のツアー・旅行を探すなら格安旅行のJJ tour【東京発】

東京発TOKYO

東京発 新着情報

【おすすめの格安旅行】東京発 徳島

  • 最安値
  • 特典付
  • 特集

東京発 テーマ・目的から旅行をさがす

徳島旅行のその他エリア

徳島のホテル一覧

観光スポット情報

鳴門の渦潮

世界有数のスケールを誇る鳴門の渦潮。四国の東の玄関口としても知られ自然が生み出す迫力満点の絶景ショーは一度は見ておきたい!どこから見るかでも変わってくる迫力の渦潮を堪能!船上、橋桁、展望台からと様々なシチュエーションで鑑賞方法を楽しめます。

大塚国際美術館

世界中の名画を陶板で原寸大で再現!鑑賞ルートは何と4kmもあり時間に余裕をもって1日かけてゆっくり見るのがおすすめ。世界25ヵ国、約190の美術館が所蔵する名画の世界は圧巻!陶板画なので色褪せず写真撮影がOKなのも嬉しい。館内にあるアートカフェもおすすめです。ミュージアムショップでお気に入りのアートをお土産に♪名画をさらに楽しむために・・美術館スタッフによるガイドや音声ガイド(1台500円)の貸出しもあります。

祖谷のかずら橋

日本三奇橋に数えられる吊り橋。祖谷川の上空14mにかかる橋だが、平家の落人が追手が迫ったときにすぐに切り落とせるように考案されたと言われており実際に渡ると橋の隙間も広くギシギシ揺れるのでスリル満点!国指定重要有形民俗文化財。紅葉の名所としても知られる。

脇町うだつの街並み

「うだつのあがる」の語源になった町。うだつとは、隣家との境に設けられた防火壁のことで設置に相当な費用がかかるため当時は装飾的な意味合いをかねて富の象徴とされた。藍の商いで名を馳せた豪商たちの屋敷跡はまるで江戸時代にタイムスリップしたかのような景観。国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている。

祖谷渓(しょんべん小僧)

祖谷は日本最後の秘境と呼ばれ剣山系の1,000m級の山々に囲まれたスケールの大きな渓谷美を堪能できる。平家落人伝説や妖怪伝説が数多く残る土地。祖谷街道の断崖に立つしょんべん小僧は地元の子供たちや旅人が度胸試ししたという逸話からつくられた。はるか下にのぞむ祖谷渓谷が四季折々の美しい景観を見せる。

渦潮

大鳴門橋遊歩道 渦の道

450mの海上散歩で渦の真上へ!大鳴門橋の橋桁内に設置された遊歩道。先端の展望室まで進むと床に眺望ガラスが設置されており45m下の渦潮を眺めることが出来ます。渦の発生する時間も調べた上で出掛けよう。

ひょうたん島クルーズ

通称ひょうたん島と呼ばれる新町川と助任川に囲まれた中州を一周し水の都「徳島タウン観光」を楽しめる。徳島県庁や眉山など徳島の主要な建物や観光地を眺めながら約30分のクルージング。※乗船保険料200円、年中無休、荒天時はお休み

眉山ロープウェイ

徳島タウンを一望できる所要分の空中遊覧!徳島市のシンボル眉山、標高290mの山頂展望台からは吉野川や鳴門海峡を一望できる。阿波踊り会館の5階より発着。※無休、往復乗車券1,020円

阿波おどり

徳島と言えば阿波おどり!400年以上に渡って踊り継がれてきた真夏の祭典。毎年8月12日~8月15日に開催されていましたが、近年は中止や規模を縮小しての開催となりました。見て楽しい!踊ればもっと楽しい阿波おどり。コロナが落ち着いたら予約不要・参加費無料・服装自由の「にわか連」にぜひ参加してみて!

上勝町ゼロ・ウェイストセンター

徳島市内から車で約1時間。棚田や段々畑の風景を残す上勝町。『ゼロ・ウェイスト(Zero=0、Waste=廃棄物)宣言』を行い町民全体で約45種類にゴミを分別しリサイクル率は80%を超えています。併設のホテルやまだ使えるものを無料で持ち込めて持ち帰れる「くるくるショップ」等もあり環境問題を勉強したいファミリーや企業研修におすすめの施設。

旅行で必要な持ち物

  • 航空券
    [必需品]

    最近はどの航空会社もスマートフォンでチェックインできますが、印刷して紙で持っておいて、絶対乗れるように備えましょう。

  • ホテル・レンタカー 予約書類
    [必需品]

    航空券同様、紙で持っておくと安心。スマートフォンの充電がなくなった時も対応できます。

  • 携帯電話・スマートフォン
    [必需品]

    ネット予約された方は特に必需品となります。カメラや地図、調べものなど、旅行ではあらゆる時に使えます。充電器もお忘れなく。

  • 免許証・身分証
    [必需品]

    運転免許証は、レンタカーを使用する方は特に必須。保険証は旅行先で体調を崩した時に必要です。学生証は、学割を利用する際の証明にもなります。

  • 現金・キャッシュカード・クレジットカード
    [必需品]

    現金のみ、クレジットカードのみでも旅行できはしますが、お店によってはクレジットカード決済ができないところがあります。柔軟に対応できるように用意しておきましょう。

  • 常備薬
    [あると良いもの]

    普段飲まれているものに加えて、念のため絆創膏や風邪薬も準備しておきましょう。

  • メガネ・コンタクトレンズ
    [あると良いもの]

    旅先の美しい景色を鮮明に焼き付けるためにも欠かせません。

  • お子様用グッズ
    [あると良いもの]

    年齢によって必需品は変わりますが、赤ちゃんであれば着替え、母子手帳、おむつ、おしりふき、哺乳瓶、食事セット、授乳ケープ、抱っこ紐、ビニール袋など使い慣れたものを準備しておきましょう。

  • 感染症対策グッズ
    [あると良いもの]

    楽しく旅行をするために、マスクや除菌アルコール、除菌用ウエットティッシュなどを忘れないようにしましょう。日本旅行業協会が公開している「新しい旅のエチケット」リーフレットも要チェックです。

徳島旅行のFAQ

徳島の観光スポットは?
西日本第2の高さを誇る「剣山」(つるぎさん)。鳴門(なると)と淡路島(あわじしま)の間、瀬戸内海と紀伊水道が出合う「鳴門海峡」。秘境、祖谷(いや)にある「かずら橋」は、「日本三大奇橋」のひとつとして知られています。東祖谷のほぼ中央にある「落合集落」は高低差約390メートルに及ぶ集落です。四国の中央部にある「大歩危峡(おおぼけきょう)」。深く切り込んだV字型の渓谷に、エメラルドグリーン色の祖谷川が流れ、上から覗き込めば、目がくらむほどはるか下に見える「祖谷渓谷」。県下でも特に気温差の激しい「那賀町木頭(なかちょうきとう)」では紅葉の色付きが濃く、「高の瀬峡」は紅葉の名所として広く知られている場所。美馬市脇町の伝統的な町並みの中にそびえ立つのが「うだつの町並み」です。
徳島空港から徳島駅までのアクセス方法は?
徳島阿波踊り空港~徳島駅まで空港リムジンバスがあります。約30分・片道600円になります。
徳島のご当地グルメを教えて!
海・山・川と三拍子揃った徳島は、食材王国!鳴門鯛に阿波尾鶏、なると金時にスダチなど徳島の新鮮食材をぜひご賞味ください♪豚骨をベースに醤油を加えたすき焼き風スープが特徴の徳島ラーメンは、徳島市内だけでも200店以上の店舗がありこちらもぜひ現地で味わってみて欲しいグルメのひとつ。
徳島観光の移動手段に便利なのは?
徳島市内の観光は、徳島バスの市内路線200円均一区間が500円で1日乗り放題できる「1日乗車券」が便利です。祖谷方面へは、徳島駅から特急が1日6~7往復運航中ですが、現地についてからの移動を考えるとレンタカー利用が効率的です!
徳島観光に必要な日数は?
観光したい場所を事前に計画しておけば1泊2日でも満喫できます!祖谷方面は、徳島市内から車で約3時間かかるのでどこをまわるかしっかり決めてから観光しましょう。
徳島の代表的なおみやげは?
徳島特産の最高級砂糖である阿波和三盆糖や藍染めの小物、見た目もユニークな元祖銘菓なると金時など、徳島ならではの美味しいお菓子やおしゃれな雑貨がおすすめです。
100均で買える旅のコロナ対策グッズが知りたい!
現在は、航空会社、宿泊施設、観光施設、飲食施設など、様々な場所でコロナウイルス感染防止対策がとられていますが、旅行に行くなら自分自身も感染予防に努めて楽しい旅にしたいですよね♪旅先に持っていけるコロナ対策グッズを記事形式でご紹介しています。詳細については、100円均ショップで買えるコロナ対策グッズ⇒をご参照ください。
事前座席指定の方法を教えて
PCやスマホで簡単操作!旅行代金をご入金後、JJTourマイページから「JAL予約番号」を確認すれば簡単に座席指定できます。便利なタッチ&ゴーサービスやeチケットの発行方法についてもご紹介しています。ツアータイプにより座席指定出来る日が変わってくるので詳細については、JAL事前座席指定について⇒をご参照ください。
空港やホテルのチェックイン手続きを教えて!
意外と簡単な空港やホテルでのチェックイン手続き!事前にチェックイン方法を確認しておけば、ご旅行当日、スムーズに移動することが出来ます。※詳しくは、ご旅行当日の流れ⇒をご確認ください。

お気に入りツアー 一覧