岩手 のツアー・旅行を探すなら格安旅行のJJ tour【東京発】

東京発TOKYO

岩手のホテル一覧

岩手旅行のFAQ

岩手県の絶景スポットは?
”浄土ヶ浜”は陸中海岸を代表する景勝地です。切り立った灰色の崖と、緑がかった海、白い波のコントラストが目を奪います。「浄土」とは、仏教で"仏の住まう汚れない国"を指しています。この景色を見た名僧が「浄土のように美しい」と感嘆したことから、”浄土ヶ浜”と呼ばれるようになったのだとか。浄土ヶ浜からは車で1時間ほどの位置にある”龍泉洞”は、地底の絶景が楽しめる鍾乳洞です。全長5キロメートル、地底湖は8つあるといわれ、そのうち700メートルの鍾乳洞と3つの地底湖が公開されています。地底湖は、"ドラゴンブルー"と呼ばれる青く透き通った水をたたえています。ライトアップされた鍾乳洞と相まって、幻想的な雰囲気。グレート・オーシャン・ロードのような断崖絶壁の絶景が広がる”北山崎”。高さ200メートルの崖がおよそ8キロメートルにわたって続いています。海にせり出すように設置された「北山崎 第一展望台」からは絶景が望めます。遊覧船が運行しており、海の上から断崖絶壁を眺めることができます。”八幡平”は、盛岡市内から車で80分ほどで訪れられる山。初心者でも歩きやすいトレッキングコースでは、高山植物や野鳥を眺めながらの散策が楽しめます。紅葉の名所としても知られるため、秋に訪れるのもオススメです。”鏡沼”(八幡平ドラゴンアイ)山頂付近にある鏡沼は、積雪の時期には雪解け水が龍の目のように見える"ドラゴンアイ"と呼ばれる現象で知られます。その年の気候によって見える時期は変わります。八幡平市観光協会のHPに山頂付近の状況がアップデートされるため、参考にしてみてください。
世界遺産「中尊寺」の金色堂とは?
2011年にユネスコ世界遺産に登録された「中尊寺」には、本堂のほかにいくつかの建物がありますが、とくに有名なのが「金色堂(こんじきどう)」。建物全体に金箔を塗布した豪華絢爛な造りで、仏教の極楽浄土(死後の世界。仏がいる苦しみのない世界とされる。)を再現したとされています。造営は、12世紀に東北地方一体を統治した奥州藤原氏。金色堂は、覆堂(おおいどう)という建物の内側にあり、風雨から保護されています。JR平泉駅から徒歩およそ20分。平泉の観光地を巡回するバス「るんるん」に乗れば10分程度で到着します。
猊鼻渓で100メートル超の壁岩を見ながら舟下り?
猊鼻渓(げいびけい)は、JR平泉駅、JR一ノ関駅から定期バスでそれぞれ35分ほどのところにある渓谷です。高さ50~100メートル超の壁岩がおよそ2キロメートル続き、夏は新緑、秋は紅葉、冬は雪など四季ごとに美しい景色が楽しめます。小舟で渓谷を行き来する「舟下り」で景色を満喫しましょう。(90分、大人税込1,600円)

お気に入りツアー 一覧