登別・洞爺湖・北湯沢 のツアー・旅行を探すなら格安旅行のJJ tour【東京発】

東京発TOKYO

  • 夏休み特集
  • ウルトラタイムセール

人気ホテルピックアップ

  • 【登別温泉】祝いの宿登別グランドホテル

    北海道登別市登別温泉町154

    北海道でもっとも豊富な3つの泉質をご用意。心と体を癒す上質なぬくもり。厳選された道産素材をふんだんに使ったお食事も堪能頂けます。記念日やお祝い旅行にも最適♪

  • 【洞爺湖温泉】サンパレスリゾート&スパ

    北海道有珠郡壮瞥町字洞爺湖温泉7-1

    まるで洞爺湖と繋がっているかのような一体感のあるインフィニティ露天風呂やお子様も楽しめるアトラクションプールも充実!新しくセルフロウリュスタイルのサウナが登場♪

  • 【北湯沢温泉】きたゆざわ 森のソラニワ

    北海道伊達市大滝区北湯沢温泉町300-7

    お子様連れの温泉旅にピッタリのスポーツ体験型リゾートホテル。ファミリーで楽しめるアクテビティが盛りだくさん♪露天風呂からは北湯沢の四季折々の風景が堪能できます。

東京発 テーマ・目的から旅行をさがす

観光スポット情報

地獄谷【登別】

地獄谷とは、ずばり「登別温泉の源泉」。ここから多種類の温泉が1日1万トンも湧出されており、温泉街のホテルや旅館に供給されている。登別温泉街から2.8kmほど離れた日和山の噴火活動によりできた爆裂火口跡で、谷に沿って数多くの湧出口や噴気孔があり、泡を立てて煮えたぎる風景が「鬼の住む地獄」の由来となった。

洞爺湖サイロ展望台【洞爺】

洞爺湖温泉街から車で約15分の「サイロ展望台」。洞爺湖をはじめ、中島、有珠山、昭和新山などを一望できる眺望スポット。道内屈指の撮影スポットで、1年を通して多くの人が訪れている。館内では洞爺湖産の食材を使用したオリジナルピザ作りや北海道の新鮮な牛乳を使ったアイスクリームを作りなど、豊富な体験メニューが充実している。

有珠山ロープウェイ【洞爺】

昭和新山とともに「日本の地質百選」に選定され、世界ジオパークにも登録の活火山が有珠山。今なお白煙を上げる有珠山には、ロープウェイが架けられ、手軽に登山をすることができる。山麓駅から山頂駅までの1370mを、6分で結ぶのが有珠山ロープウェイ。山頂の展望台からは、洞爺湖や昭和新山の大パノラマが眼下に広がり、黒っぽい有珠山が間近に迫る大迫力の展望。

白絹の床【北湯沢】

北湯沢温泉郷の長流川(おさるがわ)に沿って連なる林間の散策路沿いにある、温水のせせらぎを裸足で歩行浴できる足湯。緩い傾斜の道沿いに造られた湯壷は段々になっていて、上段から熱いお湯が流れる源泉かけ流し。足湯からみる「白絹の床」は、白糸が舞っているような水の流れが美しい絶好の景勝ポイントで、長流川の渓谷が見せる四季折々の美しさを堪能出来る。

旅行の持ち物

  • 航空券
    [必需品]

    最近はどの航空会社もスマートフォンでチェックインできますが、印刷して紙で持っておいて、絶対乗れるように備えましょう。

  • ホテル・レンタカー 予約書類
    [必需品]

    航空券同様、紙で持っておくと安心。スマートフォンの充電がなくなった時も対応できます。

  • 携帯電話・スマートフォン
    [必需品]

    ネット予約された方は特に必需品となります。カメラや地図、調べものなど、旅行ではあらゆる時に使えます。充電器もお忘れなく。

  • 免許証・身分証
    [必需品]

    運転免許証は、レンタカーを使用する方は特に必須。保険証は旅行先で体調を崩した時に必要です。学生証は、学割を利用する際の証明にもなります。

  • 現金・キャッシュカード・クレジットカード
    [必需品]

    現金のみ、クレジットカードのみでも旅行できはしますが、お店によってはクレジットカード決済ができないところがあります。柔軟に対応できるように用意しておきましょう。

  • 常備薬
    [あると良いもの]

    普段飲まれているものに加えて、念のため絆創膏や風邪薬も準備しておきましょう。

  • メガネ・コンタクトレンズ
    [あると良いもの]

    旅先の美しい景色を鮮明に焼き付けるためにも欠かせません。

  • お子様用グッズ
    [あると良いもの]

    年齢によって必需品は変わりますが、赤ちゃんであれば着替え、母子手帳、おむつ、おしりふき、哺乳瓶、食事セット、授乳ケープ、抱っこ紐、ビニール袋など使い慣れたものを準備しておきましょう。

  • 感染症対策グッズ
    [あると良いもの]

    楽しく旅行をするために、マスクや除菌アルコール、除菌用ウエットティッシュなどを忘れないようにしましょう。日本旅行業協会が公開している「新しい旅のエチケット」リーフレットも要チェックです。

  • 防寒グッズ
    [あると良いもの]

    夏でも夜に気温が下がる場合があるので、羽織りものは持っていきましょう。冬は厚手のコート・ダウンジャケットにマフラーや手袋などの防寒具、足元は雪でも滑りにくく歩きやすい靴がおすすめです。特に寒い時期は防寒インナーやカイロも用意しましょう。

登別・洞爺湖・北湯沢のホテル一覧

登別・洞爺湖・北湯沢旅行のFAQ

各温泉施設札幌市内から送迎バスはありますか?
ホテルにより無料・有料にて送迎バスがございます。詳しくは宿泊ホテルHPをご確認下さい。
洞爺湖で泳ぐことはできますか?
湖畔キャンプ場エリア以外遊泳禁止となっております。
北湯沢で子供が遊べるところはありますか?
ホテル森のソラニワ『アソボーヤ』で宿泊者以外も遊ぶことが出来ます。※有料

お気に入りツアー 一覧