西海岸エリア(恩納・名護) のツアー・旅行を探すなら格安旅行のJJ tour【東京発】

東京発TOKYO

人気ホテルピックアップ

  • ハイアットリージェンシー瀬良垣アイランド沖縄

    沖縄県国頭郡恩納村瀬良垣1108番地

    360度美しい海に囲まれたユニークなロケーション、誰もが元気になれるラグジュアリーリゾート

  • ハレクラニ沖縄

    沖縄県国頭郡恩納村名嘉真1967-1

    気品あふれる空間は上質な寛ぎを演出、ハワイを代表するラグジュアリーリゾート

  • ホテルモントレ沖縄 スパ&リゾート

    沖縄県国頭郡恩納村字冨着 1550番地1

    恩納村タイガービーチ目の前、子供から大人まで楽しめるアクティビティが満載!欧風スタイルの非日常リゾート

  • ルネッサンスリゾート オキナワ

    沖縄県国頭郡恩納村山田3425-2

    全室海が見えるバルコニー付き、イルカと触れ合えるプログラムを楽しめる楽園リゾート

  • ヒルトン沖縄瀬底リゾート

    沖縄県国頭郡本部町瀬底5750番地

    美しいグラデーションの海と、満天の星空がパノラマに広がる瀬底島のリゾートホテル

東京発 新着情報

【おすすめの格安旅行】東京発 西海岸エリア(恩納・名護)

東京発 テーマ・目的から旅行をさがす

西海岸エリア(恩納・名護)のホテル一覧

観光スポット情報

青の洞窟【恩納村】

未経験でも楽しめる沖縄随一のダイビング・シュノーケリングスポット。トンネル型の洞窟で、入り口から太陽の光が透明度の高い海中に差し込みあたり一面が青い光に包まれるその空間はなんとも幻想的で、訪れる人々の心と身体を癒してくれます。

万座毛【恩納村】

隆起サンゴの断崖から臨む海は、海中のサンゴと共に海の色合いを変化させ、雄大な景色が広がる景勝地です。波が作った造形美とマリンブルーの海、打ち寄せる白い波と絶景が楽しめます。

沖縄美ら海水族館【本部町】

神秘に満ちた沖縄の生き物たちの雄大な世界が広がります。世界最大の魚ジンベエザメや、世界初の繁殖に成功したナンヨウマンタが観察できる大迫力の超巨大水槽「黒潮の海」は圧巻。謎に包まれた沖縄の深海を再現した「深層の海」水槽など、沖縄の海を丸ごと体感できます。

備瀬のフクギ並木【本部町】

海洋博公園の隣に位置し、どこまでも続く緑の道はトトロが出てきそうな雰囲気。沖縄の昔ながらの古民家や無人販売のお土産品などのどかな感じが面白く、 フクギを抜けると透明度の高い海があり遠くには伊江島タッチューも見える絶景。

今帰仁城跡【今帰仁村】

「琉球王国のグスク及び関連遺産群」のひとつとして世界遺産に登録されている。城を囲む石垣は地形を巧みに利用し曲線を描き、城壁のディテールは美しく、沖縄屈指の名城といわれている。また桜の名所としても知られおり、毎年1月下旬から2月上旬にかけて城跡内にて、今帰仁グスク桜祭りが行われている。

旅行で必要な持ち物

  • 航空券
    [必需品]

    最近はどの航空会社もスマートフォンでチェックインできますが、印刷して紙で持っておいて、絶対乗れるように備えましょう。

  • ホテル・レンタカー 予約書類
    [必需品]

    航空券同様、紙で持っておくと安心。スマートフォンの充電がなくなった時も対応できます。

  • 携帯電話・スマートフォン
    [必需品]

    ネット予約された方は特に必需品となります。カメラや地図、調べものなど、旅行ではあらゆる時に使えます。充電器もお忘れなく。

  • 免許証・身分証
    [必需品]

    運転免許証は、レンタカーを使用する方は特に必須。保険証は旅行先で体調を崩した時に必要です。学生証は、学割を利用する際の証明にもなります。

  • 現金・キャッシュカード・クレジットカード
    [必需品]

    現金のみ、クレジットカードのみでも旅行できはしますが、お店によってはクレジットカード決済ができないところがあります。柔軟に対応できるように用意しておきましょう。

  • 常備薬
    [あると良いもの]

    普段飲まれているものに加えて、念のため絆創膏や風邪薬も準備しておきましょう。

  • メガネ・コンタクトレンズ
    [あると良いもの]

    旅先の美しい景色を鮮明に焼き付けるためにも欠かせません。

  • お子様用グッズ
    [あると良いもの]

    年齢によって必需品は変わりますが、赤ちゃんであれば着替え、母子手帳、おむつ、おしりふき、哺乳瓶、食事セット、授乳ケープ、抱っこ紐、ビニール袋など使い慣れたものを準備しておきましょう。

  • 感染症対策グッズ
    [あると良いもの]

    楽しく旅行をするために、マスクや除菌アルコール、除菌用ウエットティッシュなどを忘れないようにしましょう。日本旅行業協会が公開している「新しい旅のエチケット」リーフレットも要チェックです。

  • 日焼け対策グッズ
    [あると良いもの]

    南国沖縄の日差しは本州よりも強く、曇りの日でも注意が必要。日焼け止め、サングラス、帽子、日傘、アームカバーなど、使いやすいものを準備しておきましょう。

「感じる・触れる・心動かされる」沖縄のオススメ観光情報を配信中!
沖縄観光情報サイト Feel OKINAWA

お気に入りツアー 一覧